〒089-0543 中川郡幕別町札内中央町338番地

診療時間
午前  9時~午後 12時
午後  2時〜午後   6時
休診日
4月の休診日は下記の通りです
 毎週月曜・火曜が定休の他  
19日~21日は研修会出席の為休診になります

 

ご予約・お問合せはこちらへ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199
いらゆる「ものもらい」

麦粒腫 眼瞼縁の外分泌腺に生じる急性化膿性炎症の総称

目の構造

眼(視覚器)には眼球に眼球付属器官(眼瞼・結膜・外眼筋・淚器・眼窩)に視神経がある。

眼瞼

眼瞼は上眼瞼と下眼瞼があり、眼球表面が見える範囲を瞼裂という

株式会社メディクメディア「病気が見えるvol12眼科」より

麦粒腫は眼瞼の炎症疾患で発症部位による分類がある

眼瞼炎の分類

眼瞼炎は炎症部位や原因によって様々な症状が見られる

外分泌腺の炎症が麦粒腫(内麦粒腫・外麦粒腫)

麦粒腫は「ものもらい,目ばちこ」と呼ばれているが、ウイルス性の流行性角結膜炎「はやり目」等とは違い、人から人への感染(伝染性)する事はない。

鍼灸治療

眼瞼の外分泌腺(Zeis腺、Moll腺、Meibom腺)の炎症性疾患で外麦粒腫と内麦粒腫がある。

眼瞼の発赤・腫脹・自発痛・眼球結膜充血・浮腫が起こり、3~4日後に排膿して治癒へ向かう。

眼瞼に違和感を感じた初期に鍼灸治療を行うと化膿せずに治癒させる事ができる

治療に関しては脾胃の熱での炎症として、鍼と灸を行う。     鍼:商陽(大腸経)の刺絡二間、合谷、曲池(大腸経)の寫法      風池、清明

 灸:曲池、合谷

漢方薬

漢方薬には癰瘍剤として、主として解毒消腫・托裏排膿・生肌斂瘡などの効能を備えて、体表部に生じる癰・癤・丹毒・瘰癧などの『外癰』および体内の臓腑に発生する『内癰』と呼ばれる旧姓化膿性疾患を治療する方剤で、外癰瘍剤と内癰瘍剤の二種に大別されます。

外用剤は急性的に体表の皮肉に発生する皮膚の発赤・腫脹・熱感・疼痛を現す化膿性疾患の癰・疽・疔・丹毒・瘰癧などを治療する方剤であり、『五味消毒飲』『仙方活命飲』『陽和湯』などがある。

処方に関しては注意事項がありますので、医師や薬剤師に問い合わせをしてください。

診療日・診療時間

4月の診療日カレンダ
赤色文字は休診日です
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

 

診療時間

午前】午前9時~午後12時
【午後】午後2時~午後6時

※診療時間のご相談承ります

休診日

  4月の休診日は
毎週月曜・火曜が定休の他に19日~21日が
研修会出席の為休診になります。

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199