〒089-0543 中川郡幕別町札内中央町338番地

診療時間
午前  9時~午後 12時
午後  2時〜午後   6時
休診日
毎週月曜・火曜は連休/他に
7月は月曜・火曜日の休診のみ

ご予約・お問合せはこちらへ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199

つわり(早期妊娠中毒症)

妊娠の成立

妊娠とは受精卵の着床から、胎児及びその付属物が母体外へ出される     (分娩)迄を言い、受精は排卵から24時間以内に起こり、受精した卵すなわち胚は卵割を開始し、卵管を進みながら分裂を繰り返して胞胚となり、受精から6~7日で子宮粘膜に着床して妊娠が成立します。

上記イラストは医療情報科学研究所発行「レビューブック」より

早期妊娠中毒症は妊娠流涎妊娠悪阻があり、一般的に”つわり”と呼んでいますが、不意に訪れる「具合の悪い」状態が、妊娠の為と気がつかずに風邪を引いたと勘違いをして内科検診を受けることがあります。

”つわり”は妊婦の60%以上におとずれて、妊娠5~6週頃に始まり、 12~16週ぐらいで自然に軽快していきます。

妊娠後4週目頃に胎盤からヒト絨毛性ゴナドトロビンという性腺刺激ホルモンが分泌され、このホルモンが嘔吐中枢を刺激すると”つわり”が起こるとされ、また妊娠における情緒障害、不安感による心理的要因や自律神経失調などからも”つわり”が起こると想定されています。

妊娠中毒症の成因は明らかではないが、妊娠流涎からはじまり、妊娠悪阻第1期、妊娠悪阻第2期、妊娠悪阻第3期まであるとされ、頑固な嘔吐を現す”つわり”は0.5%以下とされていて、早期の鍼灸治療で妊娠悪阻第3期まで進まないよう効果が期待される。

◎妊娠流涎

 妊娠初期の2ヶ月頃に唾液の分泌が異常に亢進された状態で、極めて  多くの唾液が分泌され、しばしば妊娠悪阻の前駆症状となり、飲食物  に対する指向変化が現れて、酸味を好む様になります。

◎妊娠悪阻第1期

 妊娠2ヶ月半頃から、慢性的な嘔吐を主徴する症状となり、一般的   な”つわり”となります                       悪心が嘔吐となり、夜間の空腹時または食後にみられて、食欲低下が  長期期間では全身の栄養も低下する。臭いに敏感になり、炊飯時の   臭いが耐えられなく、神経質にも成るが胎児は正常に保たれます。

◎妊娠悪阻第2期

 嘔吐が第1期より激しくなり、飲食に関係なく頻繁に嘔吐を繰り返す。 口臭も伴い、胃痛があり、食欲は衰えて体重も減少してきて、神経過  敏で時には憂鬱となり、便秘、尿量減少、尿蛋白の出現を見ることも  あるが、鍼灸治療で症状の改善も見られる。

◎妊娠悪阻第3期

 脳の症状が現れて、眩暈、耳鳴、幻覚、幻聴、昏睡が現れる様になる  と入院治療が必要となる。

 

”つわり”治療の大切さ

つわり”は急激な体重減少として1ヶ月で数キログラム以上体重が減少して、体力の低下と栄養不良状態となり、更に嘔吐に依って体内の水分が不足して、脱水状態となり、水分を摂取しても摂取した以上に嘔吐を繰り返すので、重症時には点滴治療が必要となります。

また、精神的安静と肉体的安静が必要となり、パートナーや親・親戚の理解も必要となります。

つわり時期には分泌されるホルモンの一つのプロゲステロンの影響でひたすらと眠くなりますが、周囲の理解がとても大事な時期と言えます。

上記表は医療情報科学研究所発行「レビューブック第8版」より

現代医学の鍼灸治療

つわりは妊娠初期の妊婦の約50~60%に起こる辛い症状ですが、妊婦にとっては胎児に悪影響を及ぼさないかと、薬物治療に対する心理的抵抗感が根強く、鍼灸治療が有効かつ安心して行える非薬物療法として認識されています。

<治療穴>

肺兪、脾兪、胃兪、膻中、中脘、内関、陰谷、復溜、腎湯、曲沢、風池、蕨陰兪

 

東洋医学の鍼灸治療

東洋医学に於ける妊娠2~3ヶ月前後にみられる悪心・嘔吐と心中煩悶などの症状を「妊娠悪阻」と言い、主な病理機序は胃気不降で、降りなければんらない胃気が上逆などで起こるとされています。

妊婦は胎児を宿している腹部への刺鍼は、不安感や恐怖感を抱きやすいので、極力腹部への刺鍼は避けて、背部や手足の経穴を用いた、臓腑経絡的治療法を行うと良い。

  • 1
    脾胃虚弱による妊娠悪阻
    一般的に月経が停止し経血排泄が無くなると、陽明経に隷属する衝脈の気は比較的に旺盛になり、その気の上逆が居を犯すことがあり、平素より脾胃が虚弱で胃気失調気味の人が受胎をすると、衝脈に伴って胃気が上逆して悪阻が起こる
    <症状>
    妊娠後2~3ヶ月頃に出現、悪心・嘔吐、臭いで吐き気、食べると直ぐに嘔吐、精神倦怠、嗜睡、息切れ、大便溏薄舌質淡舌苔白、脈緩滑無力
    <治療穴>
    足三里、公孫、胃兪、脾兪、衝陽、梁丘、太白、百会
  • 肝胃不和による妊娠悪阻
    平素から胃気が虚弱で肝気が旺盛な人が妊娠をすると、胎児の栄養の為に血が胞宮に注ぐ事で肝血不足となり、相対的に肝気が旺盛となり、この時に抑鬱や易怒で肝が障害されると肝気失調となり、胃気を犯してお外なる。
    <症状>
    妊娠初期に出現、悪心・嘔吐、脂っこい食品を嫌う、飲食の臭いで悪心、口苦、脇肋部の脹痛、愛気精神抑鬱、頭痛、  頭重、舌質暗紅舌苔微黄脈弦滑
    <治療穴>
    内関、太衝、足三里、百会、行間、曲泉、百会

     
  • 3
    痰湿による妊娠悪阻
    脾陽不足で運化が失調し、痰湿が内生して中焦に阻滞している人が受胎によって経血が閉じて衝脈が失調すると、衝脈の気が痰湿を挟んで上逆しおそが起こる
    <症状>

    妊娠初期に出現、痰涎を嘔吐する、胸悶、食欲不振、口が甘く粘つく、味が分からない、大便溏薄、浮腫舌質淡舌苔白膩脈滑
    <治療穴>
    陰陵泉、豊隆、足三里、上巨虚

その他の症例

診療日・診療時間

7月の診療日カレンダー

赤色文字の日付は休診日です

 

 

       

9

10

11

12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
診療時間

【午前】午前9時~午後12時
【午後】午後2時~午後6時
※診療時間のご相談承ります

休診日

毎週月曜・火曜は連休/   他に7は   月曜・火曜日の休診のみ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199