〒089-0543 中川郡幕別町札内中央町338番地

診療時間
午前  9時~午後 12時
午後  2時〜午後   6時
休診日
毎週月曜・火曜は連休/他に
7月は月曜・火曜日の休診のみ

ご予約・お問合せはこちらへ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199
脳の消神経Ⅶ番が顔面神経で感覚神経は味覚の2/3を受け持っています

顔面麻痺

顔面神経の概略

顔面筋の運動障害に、顔面神経麻痺と顔面痙攣があり、顔面神経は咀嚼筋と眼筋を除いた顔面筋(表情筋)を支配しています。

顔面神経麻痺は中枢性麻痺(顔面神経核上性)末梢性麻痺(顔面神経核性、顔面神経核下性)に分けられ、中枢性は上部の顔面筋が比較的に保たれているが、下部の顔面筋は不全麻痺として現れます。

末梢性は顔面筋の弛緩性として完全麻痺として現れることが多い。

顔面麻痺は中枢性も末梢性も片側性の麻痺が多く、両側性も少ないが現れる事もある。

 

顔面神経(中枢性)の障害部位による症状
顔面神経(末梢性)の障害部位による症状

上記イラストは株式会社中外医学社「いらすと解剖学」より

急性突発性に顔面麻痺を起こすものとして、ベル麻痺ハント症候群、ギランバレー症候群(特殊な急性感染症後遺症として左右対称に出現する)等がありますが、ベル麻痺とハント症候群で顔面麻痺の70%以上を占めています。

ベル麻痺

急性・突発性に発現する抹消性顔面神経麻痺で、原因は特定されてはいませんが、虚血説では寒冷刺激などで神経栄養血管の攣縮が生じるとされ、ウイルス説では胆汁ヘルペス、帯状ヘルペスなどの感染症後に起こる等の説があるが、顔面神経は硬い内耳孔の顔面神経管を通るが、ウイルス感染などで腫脹すると顔面神経管の中で圧迫を受けて麻痺が出現するとされています。  通常は一側性に起こり、上の末梢性顔面麻痺のイラストに描かれているように、障害が起こった場所によって、涙が出たり閉眼出来なかったり味覚障害が起こったり、口笛が吹けなかったり水が口からこぼれたり等の色々な症状が現れます。

顔面神経麻痺は顔面筋が麻痺すると筋肉が弛緩して伸びてしまい、健全な側に引き寄せられていきますので、健全側が引きつりを起こすので、健全側が悪い側と勘違いされる方が多くいます。

ハント症候群

顔面神経膝神経節に水痘・帯状疱疹ウイルスが感染して起こる末梢性顔面神経麻痺で、耳介・外耳道に神経痛様疼痛をを来たし、数日後に発赤と小水疱(帯状疱疹)が発生する。

ベル麻痺との大きな違いは、顔面神経麻痺に随伴して、上記の帯状疱疹が現れ、脳末梢神経の内耳神経にも障害をもたらして、耳鳴、難聴、知覚異常、疼痛をも発現する

ギランバレー症候群

1~3週間前に感冒や胃腸炎等の感染症を発症した後に、その病原体に対する抗体(抗ガングリオシド)ができて、自己の神経細胞の軸索の髄鞘を攻撃して脱髄症状が現れて(髄鞘が剥がれる)、抗体が抗原抗体反応の自己免疫疾患と考えられています。人口10万人当たり年間1~2人の発症し年齢・季節・性別の差は殆どない。

末梢神経性障害(ニューロパーチ)から顔面筋の筋力低下を起こし、両側性に麻痺状態が両側性に出現する。

現代医学に於ける鍼灸治療

顔面筋(表情筋)

局所的刺鍼では、麻痺を起こしている顔面筋(表情筋)に対して、筋繊維に交差するように、斜刺を行う様に心がけて行う事が効果を最大限にする。

<治療穴>

陽白、童子髎、巨髎、地倉、頬車、風池、翳風、肩井、膏肓、曲池、

胃兪、肺兪

東洋医学に於ける鍼灸治療

①麻痺側の額のしわ寄せが不可能

②麻痺側の閉眼が不十分で強く閉眼

 すると白目が上がる(兎眼)

③麻痺側の鼻唇溝は消失か浅くなる

④麻痺側の口唇が開き、口角が垂れ下  がり健側に引かれる

 

東洋医学では顔面麻痺の事を「口眼歪斜」といって、口や目が歪んで閉じる事が出来ないことから、呼ばれています。

原因と考えられているのには、外感病として風寒があり、麻痺の部位によって陽明経型と小陽経型とに分けられます。

内傷病として肝血虚があります。

  • 1
    小陽経型(外感病)  小陽胆経に邪気が侵襲
    <特徴>
    耳周辺の麻痺、耳後・耳下の疼痛、聴覚障害舌苔白脈浮緊
    <治療穴>
    風池、風府、外関、列欠、陽白、四白、童子髎、顴髎、頬車、地倉、下関、太陽、攅竹、完骨、翳風、迎香
  • 2
    陽明経型(外感病) 陽明胃経に邪気が侵襲
    <特徴>
    眼瞼・口角麻痺が顕著、麻痺側の味覚2/3減少か消失、  舌淡白脈浮緩
    <治療穴>
    風池、合谷、足三里、衝陽、陽白、四白、童子髎、顴髎、  頬車、地倉、下関、攅竹、太陽、完骨、迎香
  • 3
    肝血虚型(内傷病)  特に顔面の血の巡りが悪い
    <特徴>

    患側筋の拘縮・痙攣、肝血虚症状、舌淡白脈細
    <治療穴>
    三陰交、太衝、膈兪、章門、四白、童子髎、顴髎、頬車、地倉、  下関、攅竹、太陽、完骨、迎香

お電話でお問合せ ☎0155-66-4199

その他の症例

診療日・診療時間

7月の診療日カレンダー

赤色文字の日付は休診日です

 

 

       

9

10

11

12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
診療時間

【午前】午前9時~午後12時
【午後】午後2時~午後6時
※診療時間のご相談承ります

休診日

毎週月曜・火曜は連休/   他に7は   月曜・火曜日の休診のみ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199