〒089-0543 中川郡幕別町札内中央町338番地

診療時間
午前  9時~午後 12時
午後  2時〜午後   6時
休診日
毎週月曜・火曜は連休/他に
7月は月曜・火曜日の休診のみ

ご予約・お問合せはこちらへ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199

糖尿病

糖尿病はインスリン作用の絶対的または相対的不足によって引き越される糖質代謝を主とする種々の代謝異常を起こす疾患です。

次の3項目で1つ以上該当すれば「糖尿病型」と診断されます。     ①随時血糖値200mg/dl以上                   ②空腹時血糖値(FBS)126mg/dl以上                 ③75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)で200mg/dl以上

「糖尿病型」と一度診断され、さらに別の日でも上記の項目がい1つ以上あれば「糖尿病型」としんだんされる。しかし、一度の診断時に次の4項目に1つ以上該当すれば、一度の検査で「糖尿病型」と診断される。   ①口渇、多尿、多飲、体重減少など糖尿病の特徴的症状を示した場合  ②HbA1c≧6.5以上                         ③糖尿病性網膜症がある                      ④糖尿病型の既往がある

糖尿病は、若年者に多い1型DM(インスリン依存性糖尿病)と、中年以降に多い2型DM(多くはインスリン非依存性糖尿病)に分類せれます。

上記表はMEDIC MEDIAビジュアルノート第2版より

糖尿病は細小血管が広範囲に侵害されやすく、様々な合併症を起こし、特に網膜症・腎症・神経症(ニューロパチー)の3大合併症が知られています。

  • 1
    網膜症
    a.単純性網膜症:毛細血管瘤、硬性ないし軟性白斑を呈する b.増殖性網膜症:網膜の血管新生、硝子体出血など 
  • 2
    腎症
    最初の徴候は蛋白尿、病状の進行によりしばしばネフローゼ症候をきたし、原則として尿潜血反応は陰性である。
  • 3
    神経症
    a.自律神経症状:起立性低血圧、低緊張性膀胱、糖尿病性   胃腸症、勃起障害(インポテンツ)
    b.体性末梢神経症状:下肢末端の知覚障害(痛覚過敏、痺れ)
  • 4
    その他
    a.末梢循環障害(潰瘍、壊疽):末梢神経障害を基盤としている
    b.動脈硬化症(アテローム硬化症)
     ①ASO(閉塞性動脈硬化症)
     ②虚血性心疾患(無痛性の場合が少なくない)
     ③虚血性腸炎
     ④脳卒中
     ⑤肝機能障害
     ⑥高脂血症(黄色腫)
     ⑦骨粗鬆症

上記表はMEDIC MEDIAビジュアルノート第2版より

現代医学の鍼灸治療

糖尿病の治療目的は長期にわたる代謝異常の改善と合併症の予防を目的として、一般的には食事用法、運動療法、インスリン療法又は経口血糖降下剤服用の療法が組み合わせておこなわれる。

ここに、鍼灸療法を組み入れて、全身状態改善、血糖値と尿糖値の降下、合併症予防を目的として行う。

<治療穴>

中脘、梁門、腹哀、肝兪、脾兪、三焦兪、曲池、足三里、腎兪、内関、 太陽、風池

東洋医学の鍼灸治療

糖尿病を東洋医学では「消渇」といい、多飲・多食・多尿・身体消痩・尿濁・尿の甘みを主症とする病とされています。

「消」とは飢えることを意味し、「渇」とは多く水を飲むことを意味していて、癰疸(ヨウタン:皮膚化膿症)を多く発すると記されています。

消渇の主な病機は「陰虚燥熱」で、滋陰により「本」を治し清熱により「標」を治すを目的とします。

 

病因・病機

  • 1
    飲食不節による消渇
    長期にわたり飲酒・甘い物・美食の継続で脾胃を損傷し、熱が籠もったり、化燥して陰分を損傷すると消渇が起こる。 
  • 2
    情志失調による消渇
    長期にわたり思慮過度・情緒不安によって五志が極端に過敏となり、化火して肺陰に影響して消渇が起こる。
  • 3
    陰虚による消渇
    つねづね陰虚である者が、房事不節などで陰精を損傷し陰虚火旺となり、肺・胃に影響すると消渇が起こる。

消渇の病機の基本は、陰虚が「本」燥熱が「標」であり、なかには陰陽が共に虚して、気陰両虚により起こるものもある。

消渇の末期では瘀血が関与するものが多い。

三焦においての証を分類する

  • 1
    上焦に於ける消渇
    <主症状>
     煩燥、多飲口渇、舌の乾燥
    <随伴症状>
     頻尿、多尿、多食
    <舌・脈>
     舌尖・舌辺紅、舌苔薄黄、脈洪数
    <治療穴>
    肺兪、魚際、心兪、少府、合谷
  • 2
    中焦に於ける消渇
    <主症>
     多食善飢(大食いで何時も腹がすく)

    <随伴層状>
     煩熱、多汗、身体消痩、大便秘結
    <舌・脈>
     舌苔黄脈滑実有力
    <治療穴>
     脾兪、胃兪、内底、曲池、三陰交
  • 3
    下焦に於ける消渇
    <主症>
     頻尿、多尿、尿の混濁

    <随伴症状>
     唇乾燥、眩暈、目がかすむ、両頬紅潮、お腹がすくが食べ  れない、寒がり、四肢の冷え、尿量多、顔色黒
    <舌・脈>
     舌質紅、舌苔白、脈沈細無力
    <治療穴>

     腎兪、復溜、太衝、三陰交、肝兪

消渇の治療では食事に於ける自己管理が最も重要な事で、甘いものは当然で、脂っこいものも控えで量的にも腹七分~八分までとし、刺激性の強い食品の摂取は控えることが必要です。

お電話でお問合せ ☎0155-66-4199

その他の症例

診療日・診療時間

7月の診療日カレンダー

赤色文字の日付は休診日です

 

 

       

9

10

11

12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
診療時間

【午前】午前9時~午後12時
【午後】午後2時~午後6時
※診療時間のご相談承ります

休診日

毎週月曜・火曜は連休/   他に7は   月曜・火曜日の休診のみ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199