〒089-0543 中川郡幕別町札内中央町338番地

診療時間
午前  9時~午後 12時
午後  2時〜午後   6時
休診日
11月の休診日は下記の通りです
 毎週月曜・火曜は定休の他
16日~19日はオステオパシー
のセミナー出席の為に連休します

 

ご予約・お問合せはこちらへ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199
正中神経低位麻痺

手根管症候群

株式会社南江堂「ネッター解剖学アトラス」より

正中神経が手根管内での絞扼・圧迫により絞扼性神経障害起こした、正中神経低位麻痺である。

好発は中高年の女性手を酷使する職業スポーツ従事者に多く、骨折や人工透析の既往者にも多く、妊婦にも現れる。

症状としては、母指・示指・中指の手掌側などに痺れ感やピリピリ感に疼痛があります。

母指球の萎縮、母指対立運動障害(パーフェクトOの不能)がみられます。

チネル徴候(手根部を軽く叩くと指先に放散する痺れ感)、ダルカン徴候(手根部を指で圧迫すると痺れ感が増悪する)、ファーレーン徴候(手関節の屈曲で痺れ感が増悪する)などが高頻度で陽性になります。

チネル徴候
画像上見出し

手根管症候群の病態

手根管とは手首の部分にある骨と手根靱帯に囲まれた空間を言います。 この手根管には9本の指を曲げる腱と正中神経が通りますが、何らかの原因で正中神経が圧迫されると手根管症候群が起こります。

株式会社メディックメディア「病気がみえるvol11運動器・整形外科」より

手根管症候群の原因

手根管症候群の原因に挙げられるのは次の場合があります。

①中高年女性に高頻度に発生する突発性               ②手を酷使する労働による滑膜炎                  ③手首の骨折                           ④手根管内の腫瘍                         ⑤リュウマチによる滑膜炎で手根管内圧の上昇            ⑥ホルモン変化や代謝性疾患による随伴症状              妊娠・糖尿病・アミロイドーシス・腎障害・痛風

株式会社メディックメディア「病気がみえるvol11運動器・整形外科」より

手根管症候群の治療

治療は症状の程度にとらわれずに、保存的治療から開始する事が原則で、ビタミン剤の服用手関節安定の装具装着ステロイドの手根管内注射、を行いますが、改善が望めない場合には手根靱帯の切り離しにより正中神経の圧迫を除去する手術法を行います。

株式会社メディックメディア「病気が見えるvol11運動器・整形外科」より

正中神経近位部障害との鑑別

頚椎変形や胸郭出口症候群、肘部管症候群などとの鑑別には感覚障害が起こっている部位や、運動麻痺の筋で鑑別される

株式会社メディックメディ「病気が見えるvol7脳・神経」より

東洋医学

東洋医学に於ける手根管症候群とは、腱鞘炎・腫脹・手根骨の変形などにより、正中神経が手根管の中で圧迫を受けて起こる者で、「麻木」「痺症」の範囲に入る。

風邪が肌肉に侵襲して起こる場合が多く、捻挫や打撲により瘀血が経脈を阻滞させ、気血の運行が悪くなって起こる場合もあります。

本病には正中神経支配領域の軽度の知覚異常から、重度な運動知覚麻痺に至るまで種々な段階があり、病状が長期化あうると感覚の消失や、母指球筋の萎縮、筋力低下が起こる場合もあります。

治療穴

大陵:手根管内に向けて斜刺                    内関:手根管に向けて斜刺                     合谷:寫法

漢方薬

手根管症候群の漢方薬での治療法の着眼は、血と水の循行を主に考えて、神経が圧迫される血瘀・浮腫を取り除く薬方が用いられます。

芍薬甘草湯』白芍12g、炙甘草12g                  肝の陰血不足からの筋痙攣を緩和し、痛みに対して頓服的に用いられ、 痛みや痺れが寒冷により悪化する場合には附子を加える。

葛根湯』葛根12g、麻黄9g、桂枝6g、生姜9g、炙甘草6g、白芍6g、   大棗6g、                             体力は中程度でやや実証のもので、後頭部・肩甲間痛があり口渇や発  汗を伴わない痛みや痺れにに対して用い、寒冷で悪化する者には    白朮・附子を加える。

二朮湯』蒼朮4.5g、白朮・天南星・陳皮・茯苓・香附子・黄苓・    威霊仙・羌活・甘草各3g、姜半夏6g、                水毒のある者や湿痺による疼痛などに用いる。

桂枝茯苓丸』桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・赤芍各9g           血瘀による疼痛や、圧痛・引きつりなどに用いられ、更年期障害など  が要因とされる婦人に期待される。

 

オステオパシー

前腕の橈骨と関節をつくる橈骨手根関節と中手骨との関節をつくる手根中手関節の間は縦3cm横5cmの楕円形の中に8個の手根骨が2列に並んでいて、中間に手根中央関節があり、またそれぞれの手根骨は隣り合わせの骨とも骨間関節をつくっています。

手首の伸展(背屈)で痛みが出現するのは橈骨手根関節の問題として、逆に屈曲(掌屈)で痛みが出現するのは手根中央関節の問題として考えられます。

検査と治療は痛みを訴える関節を近位ぶを固定して、遠位部を僅かに屈曲・伸展・回旋をしてどちらかが動き易い方向へ動かして滑液が浸透してくるのをまちます。

また、8個の手根骨が隣接する16の滑膜関節をそれぞれ動かして検査を行い、一番動きの悪い反対方向へ僅かな力で動かして滑液が浸透してくるのを待ちます。

 

その他の症例

診療日・診療時間

11月の診療日カレンダ

 

 

 

    1

2

3
4 5 6 7 8 9

10

11

12

13

14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
診療時間

午前】午前9時~午後12時
【午後】午後2時~午後6時

※診療時間のご相談承ります

休診日

11月の休診日は
毎週月曜・火曜が定休の他、16~19日はオステオパシーセミナー出席の為連休致します

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199