〒089-0543 中川郡幕別町札内中央町338番地

診療時間
午前  9時~午後 12時
午後  2時〜午後   6時
休診日
毎週月曜・火曜は連休/他に
8月は11日~14日迄休診となります

ご予約・お問合せはこちらへ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199

肩頚痛

院や鍼灸院に通院ている、痛みを訴える患者様の約30%以上は、腰・下肢に次いで、2番目に数えられる位に多くいらっしゃいます。

頚・肩・上肢の痛みを脳に伝えるのは脊髄神経の頚神経叢腕神経叢が伝達経路で、上肢は腕神経叢の出る筋皮神経・腋窩神経・正中神経・橈骨神経・尺骨神経に分岐しています。

痛みはまず神経終末の受容体(感覚器)で感じた痛覚が脊髄神経細胞から脊髄の後角海綿体(一次ニューロン)に至り、そこから反体側の外側脊髄視床路(二次ニューロン)を脳に向かって上行し、脳幹の脊髄毛帯を通り、視床の後外側腹側核に入り、ここから三次ニューロンに替わって感覚中枢の大脳皮質体性感覚野(中心後回)に達して痛みとして感じる訳ですが、痛覚は有髄繊維の神経終末から伝わるので100m/秒と言う、無髄繊維の100倍のスピードで感覚を伝えます。

頭頚部の皮神経は三叉神経、頚神経叢(C1~C4)皮枝、後頭神経(C2・C3)によって支配されていて、それぞれ伝達経路が異なります。

上肢は代表的な5種類の神経がネットワークを組んで、そのネットワークから肩甲骨や上胸部への各神経に分岐し、それに腕神経叢(筋皮神経・腋窩神経・正中神経・橈骨神経・尺骨神経)が加わって感覚を司っています。

頭頸部の皮神経
頚神経叢

<イラスト図は中外医学社発行のイラスト解剖学より掲載しいています>

腕神経叢は頚神経の第5~第8と胸神経の第1の前枝が形成するネットワークで脊髄側から、神経根・神経幹・神経束の3部に区分されます

腕神経叢
上肢の皮神経

頚部神経根傷害は圧倒的に中位から下位の頸椎(C4~T1)に多く、C4以上には傷害の検出がし難く、自覚も少ない。

頚部神経根傷害の種類には、胸郭出口症候群(斜角筋症候群・肋鎖症候群・小胸筋症候群)、頚椎症肩関節周囲炎(肩峰下滑液包炎・棘上筋腱炎・腱板炎・癒着性関節包炎など)、肘関節痛(外側上顆炎・内側上顆炎・肘部管症候群・円回内筋症候群)、手関節痛(手根管症候群・ギオン管症候群・ドウケルバン病)などがあります。

医師の治療を必要とする神経内科的疾患

  • 1
    痺れ・痛みの症状
      糖尿病、ヘルペス頚神経炎、脊髄腫瘍
  • 2
    痺れ・筋萎縮
      脊髄空洞症、頚髄型多発性硬化症、脊髄腫瘍
  • 3
    筋力低下・筋萎縮
      筋萎縮性側索硬化症、若年性一側性上肢筋萎縮症
  • 4
     
    痛み・筋萎縮
      各種の膠原病、脊髄腫瘍

現代医学からの鍼灸治療

胸郭出口症候群

  • 1
    斜角筋症候群
     前斜角筋または中斜角筋の攣縮によって神経・血管の圧迫が生じ  て上肢の痺れ・放散痛・脱力感を自覚し、ときには筋萎縮も起きる
     検査法:アドソンテストモーリステスト
     治療穴:缺盆・扶突・天鼎・胸鎖乳突筋上の阿是穴
  • 2
    肋鎖症候群
     第1肋骨と鎖骨の間が狭く、そのために神経・血管の圧迫を受け  て上肢の痺れ・放散痛・脱力感を自覚し、ときには筋萎縮も起こる
     検査法:エデンテスト
     治療穴:気戸
  • 3
    小胸筋症候群(過外転症候群)
     上肢を過外転することによって鳥口突起のところで神経・血管が  過伸展され小胸筋によって圧迫を生じて上肢の痺れ・放散痛・脱  力感を自覚し、ときには筋萎縮も起こる
     検査法:ライトテスト
     治療穴:中府・雲門・屋翳

アドソンテスト:前・中斜角筋隙に於ける橈骨動脈と    腕神経叢を圧迫

   患者が頚を後屈(伸展)し、患側に回旋し深呼吸    をした時に橈骨動脈拍動を感知し、症状の再現    の有無をみる。拍動の消失・減弱や症状再現が    あれば陽性                   

モーリーテスト:前・中斜角筋隙に於ける橈骨動脈と     腕神経叢圧迫

    鎖骨上窩内側部(斜角筋部)を4指で圧迫する     圧痛・放散痛があれば陽性

エデンテスト:第1肋骨・鎖骨間、頚肋鎖骨間に於け    る橈骨動脈と腕神経叢圧迫

   患者は患側上肢を下垂し、検者は橈骨動脈拍動    を触知しながら、患側上肢を後下方に索引し肩    を引き下げ   橈骨動脈拍動の消失・減弱が    あれば陽性

ライトテスト:肩を過外転・外旋したときに橈骨動脈     の拍動を感知し、症状再現の有無をみる       症状再現と橈骨動脈の拍動消失は陽性        減弱は偽陽性

頚椎症

徒手検査法は下記のスパーリングテストジャクソンテストが一般的に行われています。

共通の治療穴は夾脊穴、天柱、風池、肩井、扶突、肩外兪、膏肓などの経穴があります

  • 1
    頚部変形性脊椎症
     頚椎と頚部椎間板の退行変性(加齢変性)を主体とする椎体周辺の  骨増殖と椎間腔」の狭小化を生じ、頸神経や脊髄が圧迫されて各  症状を現す疾患。
     頚椎部の脊柱管は下に向かって細くなり、最も狭い部分は第5~  第6頚椎部となり、脊髄はその場所で頚膨大部を形成しているの  で頚椎と脊髄が最も接近していて、その上にこの箇所は生理的弯  曲といって、クッショの働きをするので圧迫を最も受けやすい箇  所となっています。
     好発年齢は50代~60代で、男性が女性の約2倍となる。
     肩こり、肩項部痛、頭痛に神経根症状として、手指の痺れ・母指  球や小指球の萎縮、手の細かな運動障害を起こす。
     脊髄症状を起こしてくると、下肢痙性麻痺・膀胱直腸障害も起こす。
  • 2
    頚部脊柱管狭窄症
     頚部の脊柱管が狭い状態にして発育していった発育性と、頚椎の  不安定のために上位頚椎が下位頚椎に対して後方にすべる事によ  る動的な脊椎管の狭窄とがある。 後縦靭帯骨化による狭窄とは  区別される。 40代以降の男性に好発。
     レントゲン及びMRIによる画像により狭窄を確認
     症状は疼痛の他に手指の痺れ・もつれ、歩行障害、排尿障害をも  発症する
  • 3
    頚部椎間板ヘルニア
     椎間板は髄核と繊維輪により構成され、この椎間板が加齢などに  より変性し後方部分に繊維輪が亀裂して髄核が膨隆・脱出して神  経根や脊髄を圧迫して痛み等の症状が出現する。
     20代~50代男性に好発
  • 後縦靭帯骨化症
     椎体の後壁に縦方向に連結する後縦靭帯が、一部または全体に骨  化変性を起こし、脊髄の圧迫傷害が発現した症状を言う。
     東南アジアに多く白人には少なく、50代以上の男性に好発する
     頚椎部は男性が多く、痙攣性四肢麻痺を、胸椎部は女性に多く、
     下肢の痺れと脱力を発生する 

神経根症状では、圧迫誘発テスト(スパーリングテスト、ジャクソンテスト)で陽性となる    テストイラストは医歯薬出版「鍼灸臨床マニュアル」より

スパーリングテスト:頚部神経根圧迫(頚神経叢)と刺    激症状

   患者の頚椎をやや伸展位(後屈)にし、その後ろ    斜め後方に側屈して、頚椎を下方に圧迫すると    頚部の疼痛、頚背部・上肢への放散痛や痺れが    あれば陽性

ジャクソンテスト:頚部神経根圧迫(頚神経叢)と刺激     症状

    患者の頚椎をやや伸展位(後屈)にし、前頭部     に手を置き、頚椎を下方向に圧迫をすると、     頚部の疼痛、頚背部・上肢への放散痛や痺れ     があれば陽性

肩関節周囲炎(五十肩)

肩関節の疼痛と運動制限を生じる疾患で、肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)と外傷性の脱臼・骨折、免疫疾患である関節リュウマチなどがあります。

そのうち、最も多いのが肩関節周囲炎ですが整形外科学的には病態認識が一定の定義がんされていません。

肩峰下滑液包炎・棘上筋腱炎・癒着性関節包炎・腱板炎を一般的な傷害ととみなし、それに関連して上腕二頭筋症候群・鳥口突起炎などが二次的障害と考えられています。

  • 1
    肩峰下滑液包炎
    滑液包は鳥口肩峰アーチの下にあって、関節腱板の全域に広がり、肩関節の運動を潤滑にしている。滑液包は血管・神経が多く巡り炎症を起こせば疼痛・腫脹・熱感を生じて、運動制限が出現する。
    50歳前後の退行性変化の時期に多い事から五十肩を代表する。
    検査法:プッシュボタン徴候ドウバーンサインがある
    治療穴:肩峰周辺から肩峰下に2~3本刺鍼
  • 2
    棘上筋炎
    棘上筋は肩峰と上腕骨頭に夾まれた筋で、肩関節の外転により鳥口肩峰アーチの圧迫や摩擦を受けやすく加齢変性も関与して発症する。
    急性症状は自発痛・圧痛・熱感があり、外転50°~130°挙上で疼痛を訴え、痛みは夜間に強く昼間は少ない。X線では石灰沈着をみる事もある。
    検査法:プッシュボタン徴候・ドウバーンサイン
    治療穴:巨骨、秉風、曲垣
  • 3

    癒着性関節包炎
    関節包に慢性炎症が起こり、上腕骨頭へ関節包が萎縮して癒着したもので、関節包炎や長頭腱鞘炎が生じる。40代~60代に多く、徐々に発する関節痛と運動制限が現れ、結髪・結帯困難が顕著となる。
    検査法:上腕骨引き下げテスト
    治療穴:巨骨、秉風、曲垣、臑会、臑兪、臂臑
  • 4
    腱板炎
    腱板とはローテーターカフ(回旋筋腱板)を訳した臨床的呼び名で、大・小結節に腱となって付着する筋(肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋)が上腕骨を上下・左右に回転運動をさせる筋群です。
    腱板炎は変性を基盤とした炎症から腱板不全断裂へと進行して外転で60°~120°で疼痛が発生する。
    なお、外傷性の腱板損傷からの完全断裂は鍼灸の対象外で、外科的処置が必要となる
    検査法:ペインフルアークサイン、ドロップアームテスト、インピ     ージメントテスト、インピージメント・ホーキンス
    治療穴:巨骨、肩髎、臂臑、天宗、肩貞、曲垣、秉風、臑兪
  • 5
    上腕二頭筋症候群
    上腕二頭筋腱の腱や腱鞘(滑液鞘)の炎症を含めて上腕二頭筋症候群という。
    腱と滑液鞘は摩擦による炎症の他、結節間溝から亜脱臼や脱臼を起こし、肩関節前面の結節間溝に圧痛があり上腕二頭筋に沿って放散痛があり、肩関節の内・外旋で疼痛が発生する。
    検査法:ヤーガソンテスト、スピードテスト、ストレッチテスト
    治療穴:結節間溝部に刺鍼、天府、臑会、肩前、孔最
  • 鳥口突起炎
    鳥口突起には鳥口肩峰靭帯・鳥口鎖骨靭帯・鳥口上腕靭帯が付着し、筋では上腕二頭筋短頭腱・鳥口腕筋腱の腱群多数が付着して肩関節を強化している。
    肩関節に障害が起これば鳥口突起にも炎症が発生しやすく、二頭筋短頭腱炎とも解釈できるので、この筋と腱を治療対象にとすると良い。
    検査法:ヤーガソンテスト、スピードテスト、ストレッチテスト
    治療穴:巨骨、臑会、臑兪、肩井、膏肓、曲池

プッシュボタン徴候:肩峰下滑液包の炎症による          腫脹・自発痛・運動津圧痛を検査する。

   検者は患者の肩関節を注意深く触診し、圧痛点    を検索する。肩峰下滑液包部に限局した圧痛点    の確認があれば陽性。

ドーバーサイン:肩峰下滑液包の炎症による腫脹・      自発痛・圧痛を検査

  プッシュボタンテストで触知した圧痛点に指を置   いたまま、患者の患側肘を他動的に外転させる。   肩峰突起したの圧痛点を三角筋が覆うために、痛   みの減弱がある場合は、肩峰下滑液包炎を示唆す   る。 

上腕骨引き下げテスト:正常な肩関節は遊びを持って   いるが、癒着性関節炎では遊びが消失する。

  患者はうでの力を抜いて下垂し、検者は一方の手   の母指を肩峰と骨頭に当て、他方の手で上腕下部   を握って上下に動かして検査を行う。

  遊びがなければ、陽性。

ペインフルアークサイン:腱板部の自発痛・運動痛・   圧痛痙縮による運動傷害をみる。

  肩関節を他動的に外転した時に60°~90°の   間での疼痛の有無をみる。

  疼痛があれば陽性

ドロップアームサイン:腱板部の自発痛・運動痛・圧   痛痙縮による運動傷害をみる。

  患者に患側の腕を垂直より少し上方に上げさせ、   ゆっくりと腕を下ろさせる。

  急な落下や疼痛の出現は陽性。  

インピージメント徴候:腱板部の自発痛・運動痛・圧   痛痙縮による運動傷害を観る。

  肩甲骨を抑えなが内転位にした上肢を他動的に屈   曲(前方挙上)し疼痛の有無をみる。

  疼痛出現は陽性

インピージメント・ホーキンス・ケネディーの手:    腱板部の自発痛・運動痛・圧痛痙縮による運動障害

  肩甲骨を押さえながら約90°屈曲(前方挙上)し   た上肢を他動的に内旋させ、疼痛の出現をみる。   疼痛出現は陽性

ヤーガソンテスト:関節上結節から結節間溝を下行す   る上腕二頭筋長頭の炎症。

  患側肘関節90°屈曲位、検者は患者前腕を回内   させる方向に力を加え、患者はこれに抵抗する。   上腕二頭筋の結節間溝部に疼痛発現は陽性

スピードテスト:関節上結節から結節間溝を下行する   上腕二頭筋長頭の炎症。            

  検者は前腕部を下方に向かい退化らを加え、患者   はこれに抵抗する。

  上腕二頭筋の結節間溝部に疼痛発現は陽性 

ストレッチテスト:関節上結節から結節間溝を下行す   る上腕二頭筋長頭の炎症。

  肘伸展位で後方に挙上(肩関節伸展)で肩の前側に   痛みが消失するかをみる。

  挙上で疼痛出現し、肘屈曲位で消失・軽減ならば   陽性

項背痛(肩こり)

肩こりの機序は明らかではないが、4種類の要因が考えられます

1.筋肉の性質で筋膠質の変化でカリ   ュウムイオン・セレトニン・アセ   チルコリンン等の発痛物質を出現   して痛みを感じる

2.頚椎や頚髄の病変、各種内臓の疾患により、関連痛として発   現する

3.肩背部の疲労、精神的、肉体的疲労から疼痛を感知する

4.自律神経系の不均衡で血管に発痛物質発現と血管の異常収縮   などで虚血性疼痛を発現

 

  • 1
    項頚部の緊張・強ばり・鈍痛を主徴候とする場合は、頭重、後頭部や前頭部の痛みとなり、視力減退、眼精疲労、眼のかすみ、耳鳴り、目眩を伴う事もある
  • 2
    肩上部・肩甲間部に筋肉痛を訴える場合には、筋肉が板状や帯状又は紐状に硬くなり、緊張感や重圧感を訴え、上肢の痺れや重だるさをも出現し、不眠、食欲減退、活動減退が現れる
  • 3
    他覚的に筋緊張、筋硬結、などが感知でき圧痛があり、拒按を示す
  • 4
    時には、上記の症状を示さず、筋の軟弱だが緊張感を訴える「虚痛」と思われる者もいて、なで肩・痩身婦人に多くみられる

肩こりの治療

肩こりには鍼灸治療が適しており、筋肉中の血行を改善して筋の緊張を和らげる事で肩こりを解消できる

<刺鍼方法>

緊張している筋肉に直接的に刺鍼を行う時には、横紋筋繊維に交差する様に斜刺で刺鍼し旋撚術を加えると効果を増すが、筋の走行を見定める解剖学の知識を要する

<治療穴>

肩井、大序、附分、膏肓、天柱、風池、頚百労、肩中兪、肩外兪、肩貞、天宗、肩髃、肩髎、天髎、臑兪 

東洋医学からの鍼灸治療

肩頚痛は東洋医学では「痺症」に属している

痺症とは詰まって通じない症状を言い、外邪が肌肉・筋骨・関節に侵襲して、経絡気血の運行が悪くなり、疼痛・麻木・重だるさなどが起こり、さらには関節腫脹・変形・屈伸不利などの運動機能にも影響を及ぼします。

痺症の分類では、風邪、寒邪、湿邪、熱邪が関係します

  • 1
    寒邪が関係=行痺
    風邪の性質は遊走性(病辺部位が定まらず移動する)で疼痛も移動しやすい
    <症状>
    四肢関節の遊走性疼痛、関節屈伸不利、舌苔薄白、脈浮弦、悪寒・発熱を伴う事もある
    <治療>血行を良くして風邪除去に、血に関する治療穴を取穴し寫法を行う。 風池、膈兪、血海、太衝
     
  • 2
    寒邪が関係=痛痺
    寒邪の性質は凝滞性(気血津液を凝結させ滞る)・収引性(組織を収縮させる)の働きから、激痛と冷感があるが、温めると緩和する
    <症状>
    肌肉、関節が冷えて痛む、固定的で冷えると増悪、温めると軽減する
    舌苔白、脈弦緊、寒がりと四肢の冷えが伴う
    <治療>陽気を助け寒邪の除去、主として陽気を高める経穴を取穴し補法を行う。 腎兪、関元

     
  • 3
    湿邪が関係=着痺
      湿邪の性質は重濁性(重だるさを起こす)・粘滞性(治療が難しく病程が長い、再発しやすい)
    <症状>
    肌肉・関節の重だるさ、疼痛は固定的、悪天候で増強、舌苔白、
    脈濡で、患側に浮腫や麻木感(痺れ)を伴う事もある
    <治療>脾胃の運化機能を高めて湿邪を追い払い、主として足陽明経と足太陰経を取穴し補法を行う  陰陵泉、足三里
  • 4
    熱邪が関係=熱痺
    熱邪の性質は炎上性(発熱する)で発赤、腫脹、発熱が起こる
    <症状>
    四肢関節疼痛、局所の発赤、腫脹、発熱、冷やすと軽減、因喉痛、発熱、口渇、多汗、煩躁、小便黄色で少量、脈濡数、舌苔黄
    <治療>清熱をはかり、主として督脈とて陽明経を取穴し寫法を施す
    大椎、曲池、合谷、後谿

肩こりを東洋医学で考える

肩こりは頚項部から肩部にかけての不快感、重圧感、こり感を主訴とする症状で、疼痛や圧痛をを伴い、日常生活で最も目にする症状です

肩こりを分類すると、虚症と実症に分けられます

虚証:眼精疲労や病後、それに出産などで血虚によって経脈が栄養さ     れず、気虚・血虚で堆動作用が働か  なくなり、経脈が拘急     して肩がこる    肝血虚

実症:風寒邪による経脈侵襲・情志の失調などで気滞血瘀、長時間の     不良姿勢や外傷による津液停滞、陰虚のために肝陽上亢によっ     て気血の運行不良となり、肩が拘急し肩がこる

    風寒、寒飲、気滞血瘀

虚実挟雑:イライラ感などで肝陽上亢

 

  • 1
    風寒による肩こり(実症
    <症状>
     肩こり、肩の張り、後頚部から背部にかけての張り、悪寒発熱、  関節痛、全身倦怠感、脈浮緊
    <治療穴>
     風門、肺兪、合谷、張り・硬結部の阿是穴
  • 2
    寒飲による肩こり(実症
    <症状>
     肩こり、胸悶、喘息、目眩、軽度の浮腫、舌苔白、脈濡緩
    <治療穴>
     肺兪、陰陵泉、豊隆、張り・硬結部の阿是穴
  • 3
    気滞瘀血による肩こり(実症
    <症状>
     肩こり、気分の閉塞感、怒りっぽい、胸脇苦満・張痛、月経の変調
     舌質紅か紫、瘀点瘀斑、脈弦渋
    <治療穴>
     膈兪、太衝、陽陵泉、張り・硬結部の阿是穴
  • 4
    肝血虚による肩こり(虚証
    <症状>
     肩こり、目眩、眼精疲労、眼のかすみ、眼の乾燥、顔色は黄色で  艶無し、舌淡、脈細
    <治療穴>
     太衝、血海、足三里、張り・硬結部の阿是穴
  • 5
    肝陽上亢による肩こり(虚実挟雑
    <症状>
     肩こり、イライラし怒りっぽい、不眠、多夢、口苦、顔面紅潮、  五心煩熱、盗汗、腰膝酸軟、遺精、舌紅苔黄・脈弦数、      または舌紅苔少・脈弦細数
    <治療穴>
     太谿、太衝、行間、百会、張り・硬結部の阿是穴

お電話でお問合せ ☎0155-66-4199

その他の症例

診療日・診療時間

8月の診療日カレンダー

赤色文字の日付は休診日です

 

 

10 11

12

13

14

15

16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
診療時間

【午前】午前9時~午後12時
【午後】午後2時~午後6時
※診療時間のご相談承ります

休診日

毎週月曜・火曜は連休/他に8は11日~14日 迄休診となります

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199