腰痛・肩こり・頭痛でお困りの方は、十勝管内・幕別町札内の、はり・きゅう快気院へ

〒089-0543 中川郡幕別町札内中央町338番地

診療時間
午前  9時~午後 12時
午後  2時〜午後   6時
休診日
毎週月曜・火曜は連休/他に
4月は15・16・17日休診

ご予約・お問合せはこちらへ

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199
経頚腕痛の続き

肘・手関節痛

肘関節

肘関節の機構

肘関節は3個の関節

上記イラストと説明文は株式会社ナツメ社発行「筋肉と関節の機能解剖パーフェクト事典」より

肘関節は肩関節に繋がる上腕骨と前腕の橈骨・尺骨とで形成する3個の関節からなります。

腕尺関節、腕橈関節、上橈尺関節の3個の関節は、一つの関節包で包まれ、肘関節の屈伸運動と回内・回外運動を容易にするために、屈曲には 145°伸展には5°、回内と回外は共に90°の可動範囲を有し、左右には外側(橈側)側副靭帯と内側(尺側)側副靭帯が,又回旋運動を行う上橈尺関節には橈骨輪状靭帯があり、強靱な力で固定しています。

肘関節の屈曲は上腕筋と上腕二頭筋が主体となり腕橈骨筋が補助をしています。

伸展は上腕三頭筋と肘筋が主となります。

回外は回外筋、上腕二頭筋、腕橈骨筋が協力します

回内は円回内筋、方形回内筋、橈側手根屈筋が協力をしています。

  • 1
    腕尺関節屈伸運動を行う
     上腕骨滑車と尺骨滑車切痕とが接する関節
  • 2
    腕橈関節前腕の回旋に関与し、屈伸にも多少関わっている
    上腕骨小頭と橈骨頭窩からなる関節
  • 3
    上橈尺関節回内・回外運動を司る
    尺骨の橈骨切痕と橈骨の関節環状面と接して車軸関節をつくり、橈骨は尺骨に付着する橈骨輪状靭帯のなかにあって回旋して、下部の下橈尺関節と共に回内・回外運動を司る

現代医学で鍼治療

肘関節の疾患

  • 1
    上腕骨外側上顆炎=バックハンド・テニス肘
    前腕の回内・回外運動または手指運動の繰り返し過剰などで、上腕骨外側上顆部に疼痛を起こす。
    圧痛は外側上顆、その直下の総指伸筋上部、橈側の短橈側手根伸筋上部と、まれに伸筋筋腹の上部にも発現する。
    <検査法>
    トムンゼンテスト、チェアーエスト、中指伸展テスト
    <治療穴>
    曲沢、温溜、孔最、上廉、下廉、手三里、合谷、四瀆、曲池、上腕骨外側上顆部、長・短橈側手根伸筋部
  • 2
    上腕骨内側上顆炎=野球肘、フォアーハンド・テニス肘
    肘を屈する動作の過剰で、上腕骨の内側上顆部でことに円回内筋腱の付着部や筋頭部に、筋肉の過伸展で疼痛が発現する。
    尺骨鈎状突起内側の上腕筋付着部や上腕三頭筋付着部に疼痛が発現
    <検査法>
    手関節掌尺屈テスト
    <治療穴>
    曲沢 、少海、郄門、支正、上腕骨内側上顆と内側副側靭帯部の圧痛箇所
  • 3
    変形性肘関節症
    肘関節の過度における使用で、肘関節軟骨の退行性変性、摩耗に、骨棘増殖して疼痛と屈曲・伸展の運動制限が出現するが、通常は前腕の回旋運動は制限されないでいて、重症になれば回旋運動も侵される。
    <検査法>
    フローマン徴候
    <治療穴>
    腕骨、暘谷、支正、小海

肘関節障害の検査法

トムンゼンテスト

長・短橈側手根伸筋、回外筋の過度の索引による骨膜刺激または外傷性骨膜炎をみる

患者が手関節背屈させるようにし、検者が掌屈させるようにする。

外側上顆に疼痛出現は陽性

チェアーテスト

長・短橈側手根伸筋、回外筋の過度の索引による骨膜刺激または、外傷性骨膜炎をみる

前腕を回内し、肘伸展位で椅子を持ち上げる

概則上顆に疼痛出現は陽性

中指伸展テスト

長・短橈側手根伸筋、回外筋の過度の索引による骨膜刺激及び外傷性骨膜炎をみる

患者が肘関節伸展し、さらに中指を伸展させ、検者が中指を掌屈させる

外側上顆に糖つ出現は陽性

手関節掌尺屈テスト

肘内側の屈筋群の過度の索引による内側上顆肥大、変形、骨化、解離による凍雨痛出現

患者に手関節を掌屈させる様にし、検者が背屈させる

内側上顆に疼痛出現は陽性

フローマン徴候

尺骨神経の絞扼性障害による、疼痛と屈曲・伸展の制限

患者に母指と示指橈側面だ紙を挟ませ、それを検者が引き抜こうと引っ張ると、母指内転筋の麻痺のために、代謝的に長母指屈筋が働き、母指の末節骨が屈曲する。

母指のIP関節が屈曲する→尺骨神経の損傷により母指内転筋が動かず、その代償として長母指屈筋の働きが出現を示す→長母指屈筋作用→IP関節の屈曲

手関節

手の関節機構

上記イラストと説明文は株式会社ナチメ社発行「筋肉と関節の機能解剖パーフェクト事典」より

上記のイラスト及び解説は株式会社南江堂発行「ネッター解剖学アトラス」より

手の関節は橈骨と尺骨、8個の手根骨、5個の中手骨、及び14個の指骨が多数の靭帯で支持されています。

関節は手首から橈骨手根関節、手根間関節、手根中手関節(CM)、中手指節関節(MP)、近位中手関節(PIP),遠位指節関節(DIP)がある。

橈側手根関節と手根間関節より遠位の神経は、橈骨神経、尺骨神経、正中神経が支配し、それより近位では内側前腕皮神経、外側前腕皮神経が支配しています。

現代医学で鍼治療

手関節の疾患

  • 1
    手根管症候群
    手関節の掌側で横手根靭帯と手根骨に囲まれたトンネルを手根管と言い、炎症・骨折・奇形・腫瘤等のために手根管が狭くなり、手根管内を通る正中神経が圧迫され発症する絞扼神経障害
    <症状>
    正中神経領域の痺れ感知覚障害、、母指球筋の脱力・萎縮
    痺れや痛みが夜間に酷くなると明け方に増強する
    <検査法>
    ファーレーンテスト、チネル徴候
    <治療穴>
      大陵、労宮、合谷
  • 2
    ギオン管症候群
    小指球の付け根にあるギオン管という部分を通る尺骨神経が外傷・骨折・ガングリオンの発生などで圧迫を受けて発症する絞扼神経障害
    <症状>
    小指と薬師の痺れ、手掌の筋力低下、握力低下、薬指と小指の変形(鷲手変形)が起こる
    <検査法>
    フローマンサイン、チネル徴候
    <治療穴>
      腕骨、暘谷、支正、小海
  • 3
    ドケルバン病
    手関節橈側の橈骨茎状突起に於ける狭窄性腱鞘炎で、この部分を通る短母指伸筋と長母指外転筋を使いすぎた機械的炎症
    <症状>
    母指使用時の手関節橈側の痛み、橈骨茎状突起部の腫脹、圧痛
    <検査法>
    フィンケルシュタインテスト
    <治療穴>
    腕骨、暘谷、支正、小海
  • 4
    ばね指=弾発指
    指の屈筋腱は靭帯性腱鞘で囲まれているが、腱鞘炎などで狭くなり腱がスムーズに動かなくなり引っかかったり、弾かれたり現象が起こる狭窄性腱鞘炎と考えられる
    <症状>
    弾発現象を伴う運動障害、手掌川MP関節部に圧痛と小結節
    <治療穴>
    曲池、手三里、温溜、遍歴、暘谷、合谷、列欠、大淵、魚際、圧痛点
  • 慢性関節リュウマチ
    滑膜や関節の非化膿性炎症で、全身の結合組織にも病変を伴う慢性疾患で、発病は20~50代の女性に多く、素因の遺伝が考えられ、 男女比では1:3
    <症状>
    はじめは朝の手の強ばりから始まり、次第に関節の症状が主体になり、手の橈骨手根関節・中手指節関節にみられ、左右対称に侵されるのが特徴で、膝関節にも及びます。
    発熱、熱感、腫脹、疼痛、とが出現して、軽快と増悪を繰り返して進行すれば、関節破壊・変形・拘縮、筋力低下をし萎縮もみられます。
    <治療穴>
    全身的治療穴として三焦兪、腎兪、風池
    手の関節リュウマチには大陵、神門、患部に散鍼

ファーレーンテスト

正中神経の絞扼性神経障害(猿手徴候)

両手背側を会わせ手関節を屈曲させ60秒間この状態を維持させる

疼痛や痺れがあれば陽性

チネル徴候

検者は手根管の上を叩打する

末梢に痺れ、痛みが放散すれば陽性

フローマン徴候

尺骨神経の絞扼性神経障害(鷲手徴候)

母指と示指橈側面で紙を強く挟ませ、それを検者が引き抜こうと引っ張ると、母指内転筋の麻痺のために代償的に長母指屈筋が働き、母指の末節骨が屈曲する。

母指のIP関節屈曲→尺骨神経の損傷により母指内転筋が働かず、その代償として、長母指屈筋が作用→IP関節が屈曲する

フインケルシュタインテスト

短母指伸筋・長母指外転筋腱の狭窄性腱鞘炎

母指を手掌の中に入れて拳を造り、検者はその拳を把持し、手関節を尺屈させる

橈骨茎状突起末端にの疼痛があれば陽性

ドケルバン病の治療

患部腱及び腱鞘に2~4センチ間隔で2番鍼(0.18mm)で筋繊維に交差するように3・4回の旋撚法を加えて抜鍼し、疼痛部に皮内鍼を施す

ガングリオン

腱鞘、靭帯、関節包から生じる良性の嚢腫様腫瘤で、内容物は液体やゼリー状、粘土状、泥状などで、比較的若い女性に好発し、手関節背側に多くできる。

腫瘤自体には痛みはないが、神経や血管などの組織周辺では絞扼性の疼痛を発症し、腱鞘炎や弾発指の主たる原因にもなる

東洋医学の鍼治療

東洋医学の治療原則では、肩・肘・腕・共に同様の弁証と治療を行います

(1)痺症  :風邪・寒邪・湿邪による

(2)労損  :スポーツ、仕事などで長期にわたる患部への負担

(3)気滞血瘀:打撲・骨折などで経絡を損傷し気血の運行が阻滞

以上に分けて弁証し治療方針をたてます

  • 1
    痺症
    湿気の多い居住地、雨や風に当たった、睡眠中に冷えたなどで風寒湿邪が虚に乗じて経絡に侵襲して気血を阻滞して発症する
    <症状>
    患部のだるい痛みと重だるさ、温めると軽減、麻木感(痺れ感)   屈伸不利、舌質淡紅、舌苔薄白または白、脈弦緊または濡緩
    <治療穴>
    舒筋活路、散風、去寒、去湿をはかるために、陽明経と小陽経の気血調整を行い、同時に局所の阻滞を緩和する治療を行う
      合谷、陽経、腕骨、養老、後谿、養老、陽経、温溜、曲池、    外関、尺沢、手三里、肘髎、天井、小海、二間、三間、後谿

     
  • 2
    労損
    テニス、野球、ゴルフなどのスポーツ、労働、家事で患部を過度の使用を長期間に及び経筋経脈を損傷し気血の運行を阻滞して発症
    <症状>
    疼痛・無力感、運動制限、一定の運動で疼痛増強、損傷部位に圧痛点舌質淡紅または暗紅、舌苔薄白、脈弦細
    <治療穴>
    行気活血、舒筋通路をはかり、筋会の陽陵泉、血会の膈兪で舒活血をはかる
    曲池、陽陵泉、肘髎、小海、手三里、曲池、天井、損傷部の阿是穴
     
  • 3
    気滞血瘀
    捻挫や打撲、骨折などにより、筋脈・経絡を損傷して気血の運行が阻滞し発症する
    <症状>
    局所の腫脹、疼痛、充血・出血、圧痛、運動制限、舌質暗紅、脈弦濇
    <治療穴>
    曲池、手三里、天井、小海、血海、損傷部の阿是穴 

その他の症例

診療時間

4月の診療日カレンダー

赤色文字の日付は休診日です

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
診療時間

【午前】午前9時~午後12時
【午後】午後2時~午後6時

休診日

毎週月曜・火曜は連休/   他に4月は
15・16・17日休診

ムム ヨイキュウ
0155-66-4199